ブログ

専務のブログ

物を運ぶ

2017-12-20
 
最近はテレビや新聞で毎日のように「人手不足」のニュースが流れています。医療介護、土木建築、整備士、名寄市でも人手不足はどの業種も同じで慢性的に不足しています。知り合いの経営者の方とお話ししても「人手が足りない」が合言葉のように皆さんお悩みは共通です。弊社でも来年度にかけてもう1人増員したいと考えていますがなかなか難しい現状です。
運輸物流業はあたりまえですがトラック1台に対して運転手が1人必要となり、退職者がでると年間で受注しているお客様に安定した輸送を提供できなくなります。採用できるまで配車係や営業マンなど管理職が乗務しているなどもよく聞く話です。そんな状況の中、事故やトラブルなども処理せざる負えなくなり本来の仕事もままならないなど、人手があるとないとでは雲泥の差です。「物流危機」など最近よく見聞きする言葉ですが、もう道北の過疎地では深刻な状況だと思います。
モーダルシフトでトラック輸送から鉄道に変え生産性向上をはかる、貨客混載でバスが貨物を運ぶなど色々と言われていますが、地域や物量、運ぶ商品によっては現実的ではなく机の上で考えた夢物語のように感じます。道北地域では朝起きたら吹き溜まりで雪が腰の高さまであり車がだせない、配達先まで2t車の4WD車両でも入れないなどよくあります。天候や道路状態では旭川から積み名寄地区の配送だけで夏季より3時間以上余分に時間が掛かることもあります。ここ数年はネットを利用した業務用通販が多く、弊社でも荷物が小ロット化し配達件数が増加しています。今後さらにスマホなどネット利用者は右肩上がりで増加していくでしょう。以前はトラック2台で、できた仕事も件数が増加しもう1台増車しての対応など経費も増加しています。
ただ「物を運ぶ」と思われがちですが、天候、道路状況、物量など毎日かわる状況にドライバーは対応しながら日々安全に輸送しています。当たり前に毎日商品が届いたのに曜日指定に変わったり総量規制などで、商品を入出荷する側も物流に関して以前より関心と敬意を持って対応して頂いてるように感じます。私たち運送事業者もコンプライアンスを厳守し、より良い輸送を追及していかなければなりません。今年ももう少しで終わります。笑顔で今年も終えれるよう、皆さん無事故で頑張りましょう。
 

2017-12-09
 
 
 
12月になり会社の敷地内も雪に覆われ、朝夕の除雪やトラックの雪おろしなどに追われる日が続いています。1日トラックに乗務すると雪をまいてしまい、車体の後方や下部に雪のかたまりができてしまいます。ドライバーさん達は次の日の乗務に備え、帰社後丁寧に雪を落とす作業をしなければなりません。これは車体についた雪や氷が走行中落下し後続車に危険がおよばないようにと、道路に撒いてある融雪剤などで車体が錆びないようにとの理由があります。弊社は365日体制で受注している仕事が多い為、毎日トラックをみて異常に気付く事で安心してお客様に車両を提供する第一歩となります。ドライバーさん達の日々のメンテナンスで安全な運行が維持できるので感謝ですね。輸送繁忙期となり輸送量も徐々に増加しているので、安全輸送を第一に運行していきましょう。
 
 
 
家財整理部も高齢者介護施設様からの家財整理のご依頼や、冬季の空き家管理など受注頂いております。最近は施設様からの入退去に関わるお仕事も増えてまいりました。少ない家財でもワゴン車から対応できますし、入居時の運搬・設置、退去時の処分・清掃なども対応しています。また空き家管理ではタイヤショベルを使用した除排雪や階段まわりなども手作業で行っております。防犯も兼ねた定期的な見回りも行っていますので、地方にお住まいで不動産管理にお困りの際はお電話にてお問い合わせ頂けたらと思います。
 
 
お困りごとは、名寄トラックへ!
 
 
 
 
 
 

講習

2017-11-29
 
昨晩、旭川地区トラック協会名寄支部主催の運転者研修会へ弊社から8名受講してきました。テーマは「冬道の交通事故防止について」でドライブレコーダーの動画を見ながら冬型事故の予防などを学びました。歩行者と接触している事故や他車両との死亡事故など凄惨な動画が多く、事故の悲惨さを痛感するものでした。これからは降雪に伴い不安定な路面状況が続きます。自動運転などが開発されて車両性能が良くなっても、安全運転に対する高い意識やモラルをもっていないと事故に直結してしまいます。私たち管理者も指導により力を注がなければなりません。
 
家財整理部も冬型のご依頼、お問い合わせが多くなってきました。空き家などで所有者様が地方におり除排雪ができなかったり、急な入院や施設への入居などで水道の凍結防止をしなければならない等ご依頼は様々です。弊社ではタイヤショベルを所有しておりますので玄関の間口明けなど除雪もしており、冬季のシーズン契約の設定もあります。冬季になると道路状態も悪化し、地方にお住まいの方は土地・建物の管理も大変になります。お困りの際はお気軽にお電話頂けたらと思います。
 
 
お困りごとは、名寄トラックへ!
 

乗務

2017-11-21
 
先週よりトラックに乗務し久しぶりに現場にでています。新しい輸送コースを担当以外のドライバーも覚える為と新入社員も入ったので、私も空いたコースに入り乗務しています。
この時期、早朝の冷えもありトレーラーの荷卸しやトラックへの荷積みなど腰痛もちには厳しいですが、みんなでやる作業は和気あいあいとして雰囲気もよく楽しんでいます。いざ出発すると久しぶりに走るせいか、配送先を通り過ぎたり、商品をどこに積んだかわからなくなったりとアクシデントもありますが、みんなの足をひっぱりながらも何とか配送している日々です。
ドライバーの仕事は納品時間や重たい商品の納品作業など大変さもあり、普段事務所で仕事をする事の多い私には緊張感のある1日になります。荷物が多い日もあれば、少ない日もあるので配送コースを変更して対応したり、初めて行く現場などは事前に調べるなど毎日配送しているドライバーさんにアドバイスをもらいながらとなります。乗務中は商品破損や事故のないよう丁寧な運転が必要となりますし、荷役作業も商品の持ち方やかつぎ方などがあります。弊社では新人さんの助手期間を長くとりますが、このように専門知識が必要になる為どうしても数週間助手期間が必要となります。私も新人さんが巣立つまでは、もう少しの期間乗務するのでダイエットも兼ねてたくさん脂肪を燃焼してこようと思います。
雪も降り積もり家財整理のお仕事も現在は少し落ち着いてきました。
最近は引越しと不用品処理のお問い合わせが多いように感じます。去年から比べると格段に引越しの件数が増えていて家財整理部を春から開始しての相乗効果かな?とも考えています。
引越し後に残された不用品や大型家具、灯油タンクなど人手のかかるものも、クレーン車を使い積み込みして処分場まで運搬しております(写真のt袋は処分場にて中身のみ廃棄しています)。弊社は名寄市、下川町、美深町、音威子府村の一般廃棄物収集運搬の許可を得ておりますので安心してご依頼ください。個人の方がご自分で処分場に持ち込みするのは大丈夫ですが、ご家庭の廃棄物は、お住まいの市町村の許可や委託を受けた業者以外が運搬することはできません。最近は特に廃棄物の不法投棄や無資格運搬などが問題になっておりニュースなどでも取り上げられています。許可のない業者への処分の委託も罰せられますのでご注意ください。少量からでもお見積りに伺いますのでお気軽にお問合せ下さい。
 
お困りごとは、名寄トラックへ!

出張

2017-11-13
 
 
年末近くなると毎年ですが物流関係の安全大会などに出席する機会が多くなります。輸送量が12月に向けて各社増加するとともに冬型事故が急増する為、今一度の気の引き締めが必要なのかもしれません。弊社は道北管内をテリトリーにしているので吹雪によるホワイトアウトや大雪による交通麻痺など輸送の厳しい地域でもあります。先週末も石狩市にてお客様の安全対策会議に出席させて頂きました。ドライブレコーダーを活用した実際の事故動画や納品作業時に起きうる作業事故など、少しの注意やひと手間で防げる事案が多くあり日々の安全への高い意識が必要である事を再認識することができました。会議終了後は札幌市での意見交換会にも参加させて頂き、他社の協力会社の方と交流をする機会もあり、より良い時間を過ごすことができました。
ホテルまでの帰り道に少し道草してかえりましたが、深夜のラーメンを今後は控えようと思った出張でした。
http://nayoro-track.jp/files/libs/749/201803231003471581.jpg
http://nayoro-track.jp/files/libs/747/201803231003418887.png
http://nayoro-track.jp/files/libs/748/201803231003435713.png
 有限会社名寄トラック
〒096-0072
北海道名寄市字豊栄127-4
TEL.01654-2-4666
FAX.01654-3-1888
 ■一般貨物自動車運送事業
  許可番号 札陸自認第272号
 ■自動車運送取扱事業
 ■一般廃棄物収集運搬業
   ■古物商 
  北海道公安委員会許可    
  第123030000098号 
 ■遺品整理・生前整理業
 ■引越し業
 ■各種代行サービス